上手くなるコツ
HOME > 上手くなるコツ > バッティング編
  • 入団案内

バッティング編

コツの一例 (右打者の場合)

きっかけづくりは2回この時に身体の「軸」がぶれないことが重要
  1. 左足から力を抜き、軸足(右足)に重心を移す瞬間。
  2. バックスイング(この時「軸」を中心にした最初の「ひねり」を入れる)から、
    左足をステップし、バットを振る動作に切り替える時。
    この瞬間に作る「間」が「溜め」となり的確なタイミングの基礎となる。


○左足をステップして体重が一部移動した時、「後ろに力を残す」とは、
この「間」を作ることである。
身体の力はボールに向かっているが、軸は多少の平行移動のみで、
特に頭の位置はほとんど動かないのが理想である。

ステップをした時、上半身をホームベース方向に
浮き上がらせないように注意
して、

  1. 軸を中心にして身体の左右(特に両肩)のバランスをとり、
  2. 左膝の内側で、移動した体重を柔らかく受け止めた後に、
  3. 腹筋を締めて内側から腰を切る
  4. バットのグリップエンドを瞬の前に引き下ろして両手を絞り
    バットのヘッドを返す。
  5. スイングの終わりには左足の裏全体に体重を移していることが
    強い打球を生む。(ヘッドを落とさないためにバットを立てて走らすイメージ)

身体の「軸」とは

両足をやや開いてまっすぐ立ち、息を吐きながら肩の力を抜いて重心を下げた時、両足裏の内側から 頭のてっぺんに向かって通る「体内の柱」のように感じるもの。 「背筋」として意識するものとは深い関係がある。

監修 元兵庫県高野連理事(高徳雄三)

TOP