上手くなるコツ
HOME > 上手くなるコツ > 守備編
  • 入団案内

スライディング編

スライディングの目的

  1. タッチを避ける。野手の動きでボールの位置を判断して、
    ボールと逆方向に滑る。
  2. スピードをゆるめずに目的の塁に到達して止まる。
    (本塁は通り抜ける)

スライディングの種類・方法

  1. フックスライディング(足を前に出してべースにタッチ)

    一方足を下にして折り曲げてたたみ、
    もう一方の足を前に出してべースにつく。
    スピードゆるめずにべ一スに到達する事を最大の目的とする。
    すぐに立ち上がり次のプレーに備えるためには
    左足を曲げる方がよい。

    両足を伸ばしたまま前後に開き、後ろ足でベースにつく
    ※第一目標がスピードをゆるめずにべ一スに到達かタッチを
    避けるかを瞬間に判断してスライディングを使い分ける。
    ※帰塁する場合もスムーズなスライディングが重要である

  2. ヘッドスライデング(手を前に出してべースにタッチ)
    A.まっすぐ滑る B.回り込んでタッチを避けて滑る

    身長の2倍程度の距離でスムーズに踏み切る。
    身構えてから飛び込むのではない。

スライディングのコツ

  1. フックスライディングの場合はどちらかの膝または太股の外側を地面につけて滑る。
  2. 胸を正面に向けて滑るとスピードも出ず鋭さも無いだけでなく、後ろ足が引っかかり捻挫の原因となる。
  3. 顎と腹筋を締め身体を丸めるようにするとベースの前でスピードが落ちずにスムーズにスライディングの体勢に入る事ができる。

 

平素の練習で形と感覚を覚える。
砂場・じゅうたん・フローリング等の上で行うと怪我をせずに練習できる。

スライディングの場面参考

三塁ランナーのリード・スタート(無死または一死で特に注意すること)
  1. ファールラインの外側、ラインの1メートル以内のところを
    通ってリードする。
    理由は打球に当たった場合、三塁線を抜く当たりをムダに
    するだけでなくアウトを増やしチャンスをつぶすからである。
  2. 安全リード・第ニリードから、ライナーおよび外野フライは、
    まず一歩三塁ベースに向かってスタート。
    ヒットならそれからホームに向かっても十分間に合う。
    いったん三塁ベースに向いてからタッチアップかハーフウエイかを
    打球の位置および野手の動きで判断する。
    特に、ライナーで飛び出しゲッツーを取られたり、
    タッチアップのチャンスを逃がす失敗を犯す事がないように注意したい。
  3. 内野ゴロでホームに向かうか自重するかは、
    第ニリードで打球が転がった瞬間に当たりと方向で判断する。
  4. スクイズのサインが出たときは、ピッチャーがセットポジションに
    入るまでは悟られないようにむしろリードを少なくしておき、
    第ニリードからピッチャーの前足がホームに向かった瞬間
    素早くスタートする。

 

  1. どの塁にいる場合でも、第ニリードからボールが打者の前を
    通る瞬間にはボールから目を離してはいけない。
    ランエンドヒットおよび盗塁の時は特に注意する。
  2. 試合中は前もってピッチャーの癖を観察しておき、
    自分が走者になったときに役立てる。それが好走塁の基礎になる。

監修 元兵庫県高野連理事(高徳雄三)

TOP