上手くなるコツ
HOME > 上手くなるコツ > 守備編
  • 入団案内

守備編

ボールを呼ぶ積極的な守備

  1. よいキャッチングがよいスローイングの基礎となる(グラブの芯で取る)
  2. 狙った所にきちんと投げるスローイング(下半身の動きが腕の振りを決める)

守備のコツ

肩の力を抜いて重心を下げる (足の裏と膝に意識を集める)
  1. 打球は全て自分のところへ飛んでくるといつもりで、
    心と身体の準備をしておく
  2. ピッチャーの配球、打者のスイングから打球の方向を予測する
    (状況判断)
  3. スタートの予備動作
    (ピッチャーが腕を振る瞬間に両膝にクッションを入れる)
  4. フットワークを使い、ゴロをやさしくして取る
    (ハーフバウンドにしない)
  5. グラブの面をボールのコースに正対させる
    (反対側の腰・肩ボールに寄せてとる)
  6. グラブは下から上へ、内から外への気持ちで扱う。
  7. グラブと反対の手を添えて、身体全体の意識をボールに集中させる
    (特殊な場合、片手取りの方が効果的なキャッチングになる場合がある)

監修 元兵庫県高野連理事(高徳雄三)

TOP